貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

新春セミナー「絶対達成LIVE2014」

今日はアタックスセールスアソシエイツの社長、 横山信弘さんの「新春セミナー「絶対達成LIVE2014」」に 参加してきました。 14:00~16:00の2時間でしたが、お腹いっぱい。 とことん集中して聞くことが出来ました。 しかも昨日は二十四節気大寒」でしたが、 セミナー中、冷房が入るくらいの熱気。 場を大切にされている、そのことがよく分かる 2時間でした。

内容は横山さんが書籍で述べられている 「絶対達成マインド」と「予材管理」などのテクニック、ツールの紹介。 達成マインドはNLPをベースに考えられているので、 リターンとアプローチの「逆説立案」や チャンクアップの「分解・再構築」など、とてもすんなり 理解出来ました。

横山さんが大切にされているのは、 コミットした数字を絶対達成するための、 圧倒的行動量。

そうだ、その「大量」で思い出した。

横山さんの話ではないですが、そして詳しくは忘れましたが(メモだいじね)、 アメリカの、とあるレストランは 「Volume is Value」という価値観を掲げていたそうです。 つまり「量が私達の価値」。 そこでハンバーガーなどを頼むと とても食べきれない量が出てきたそうです。

しかし量には限界がありますよね。 「そこで圧倒的量は質に転化する。」 というキーワードになります。

つまり大量の肉より希少部位を少し。 という感覚で、私達もより上質を求めてませんか? 昔はあんなに好きだった食べ放題にもいかなくなり、 懐石だの○○だの…。

その上がった質が会社の「空気・場」の スタンダードになり、 その基準(あたりまえ)が少しづつ上がっていくこと =会社の成長

ということかな、と持って帰ってきました。

つまり何にせよ「大量行動」がベースにあるわけです。 このことは「渡り鳥理論」にもあるように、 最初はやはり量。

今年こそ大量にお客様に会いたいと思います(゚∀゚)

☆クエスト☆ 今年どんな行動の量をふやしますか??