貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

本当に良い仕事って?

昨日のタスクの話。 ぱっぱっと仕事を片付けていると、いかにも仕事が 早い、できる!という感覚をもつ人もいるかもしれませんが、 本当に仕事ができる人というのは、 「大きな目標から目を逸らさず、 日々の課題にきちんと向き合い、 そのために、柔軟な策を講じることが出来る人」 だと思います。

そして私の場合、 経営者としての目標とはなにか。

「顧客に真に価値あるサービスを提供し、 適正利益を得て、社員の幸福を追求する」

ニュアンス的にはこんな感じだから、

・顧客に良質なサービスを提供する(その基盤を作る) ・利益を上げる(スタッフにきちんと給料を払う)

が大事なのであって、 それ以外は任せても良い、という極論につながります。

福利厚生を充実させても、利益が出ていなければ失格だし、 利益が出てても、顧客に良質なサービスを提供し続けることが できなければ、廃業である。

仕入先の大手電子機器のお客様に、 とても仕事ができる方がいらっしゃいます。

飄々とした風貌から、何となく頼りなさを感じておりましたが(おい) こちらが製品導入に躓くであろう点を先回りし、 全て対処法までセットで提案してこられます。

すごいよなぁといつも感心させられていますが、 その方は、メールも遅いし、 資料なんかもデザイン的な点数は0点に近い。

それでも私はこの方から購入する。

「本当の目的」を意識した 行動がそうさせるんだと思います。

私も目先の業務を、卓球のごとく打ち返すだけでなく、 時には来た球をじっくり観察して、 相手に最適な球を返そうと思います。(なんじゃそれ)

☆今日のクエスト☆ 本当に良い仕事ってなんだろう?