貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

私の読書法

色々な速読・速読法の講座に出て、 そのやり方を試してみましたが、 そもそも読書で大事なことって何でしょうかね。 浴びるように乱読することが大事で役に立つって人もいるし、 たくさんの確実な情報をストックすること、 って人もいるかもしれません。

今の私の場合、早く読むことではなく、 「本から一つでも役に立つ情報を、 自分の行動に摂り入れること」 であります。 となれば、「記憶」や「記録」事のほうが 大事です。

しかし実際、過去の本を読み返しても、 全然覚えてないこともあり、多少なりとも ショックでした。 だから、このブログやマインドマップで ノートはしておりますが、 それでも全部覚えるなんて無理。

だから割りきってます。

そもそも覚えるなんて しないほうがいい、と。

とても有名な本や、意味ある本は、 繰り返し人に話すなど、 自然と記憶に定着するものです。

しかし、数多ある本を 章立てから覚えようなんて、無謀じゃないのかな、 なんて思ってます。 「この本は○○系の情報が載ってた」 レベルの記憶で十分なのでは…。 必要であれば、パソコンやインターネットで 検索して、再度購入すればいいこと。

なので、知識系の本では 「これだけは覚えようポイント」。 自己啓発系の本であれば、 「これだけはやってみようポイント」だけ 抽出してそれをノートにストックしておけば いいと思います。

その本を何のために読むのか。 目的を明確にすることです。

少々乱暴な読書への考え方ですが、 もちろんたくさん読んで 「やってみよう」リストが増えることは 大切なことと思います。

☆クエスト☆ 最近読んだ本の内容覚えてますか?そこから何を学びましたか??