貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

競争はいいもの?悪いもの?

再来年の春ぐらいから家庭の電力の小売が自由化される 話がすすんでます。ここ岡山では、電気といえば!中国電力ですが、 これからは、色んな業者さんから電気を買うことができる見込みです。

やはり有望株はガス会社さんでしょうか。 発電・蓄電・給湯のエネファームは、かなり家庭の エネルギーの仕組みに革命を起こしそうです。

他にもIT企業や、住宅メーカー、生協さんなども強そうです。

ITや蓄電池、太陽光発電など組み合わせて、 これからの家庭一戸のエネルギー運用が大きく変わるような気がします。

資本主義といえば聞こえが良いのですが、 携帯電話も固定電話、インターネットの通信インフラも 自由化になってから、価格も安くなり、技術もどんどん進化しました。

「競い合う」が「潰し合う」「価格競争」になってしまっては 疲弊をもたらすだけですが、競争の元には切磋琢磨があるもの。 電気代やガス代といった「光熱費」が なくなる、または激減する日も近いかもしれませんね。

そして競争の中に自分たちのポジションを産み出すのは、 イノベーティブであることも大事ですが、 その会社が同じバリューの元に集う集団であることが 必要な気がします。

エネルギーは生活に必須。 だから、安心できる企業から電気を買いたいものです。

☆今日のクエスト☆ 競争していることがありますか?