貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

自分の取扱説明書 @0009

おはようございます。岡山は本日雨。 社会人になる前は「雨」と知っただけで、 何故かどんよりした気分になっていたことを思い出します。 雨によって何かが起きたわけではないのに、 雨=憂鬱という図式を勝手に思い描いていた様です。 「雨で始まるWEEKDAYは憂鬱のタネさ…」 竹内まりやさんの「毎日がスペシャル」という曲を思い出します。 歌詞の中に「でも知っているの、人生とは、心の持ち方で、どうにでもなると」!! これ、陽転思考ですねぇ! 今でこそ事象の捉え方、感情のコントロールが少しは 出来るようになりましたが、随分前にこの曲を知って、 「そうだよな」と納得していたのを思い出します。 が「知行合一」と言って、知っていても出来てなければ、 知ってないのと同じなんですねぇ…う~ん深い!

さて前置き長くなりましたが、 自分の取扱説明書、今回は特に、 健康、体の声を聴くことについて。

私は体調が停滞すると、口の周り(唇)にヘルペスが 出ます。これの兆しがあると、「あ、疲れてるんだな」と 感じますね。 他にも、低気圧が近づいてると頭が重くなったり、肩が凝ったり、 毎朝飲む牛乳の味が変化したり。

そんな兆しを感じると、体調の変化の前触れと捉え、 事前に対応策が取れるようになりました。 35年この体と付き合っていると、 「あぁよしよし、疲れているんだな」と体を愛おしくおもい、労ることが 出来るようになったとおもいます。20代じゃあり得ませんでしたが…。

例えばヘルペス。 最近はこの口の周りの違和感を覚えたら、すぐに「胃薬」と「バルトレックス」という 薬を飲むようにしています。以前は胃薬だけでしたが。 医者に言わすと、ヘルペスと胃薬って、何の根拠も関連もないと思います。 でも、随分発症せずに済んだんです。 つまり『自分の体は自分がいちばん知っている』ということでしょうか。 そしてバルトレックスも、他の薬ではダメだったのに、この薬は自分によく合う、 事がわかったので、常備薬の一つに加えています。

また低気圧による頭痛などは、諦めてさっさと30分程度仮眠すれば幾分楽になります。

このように、自分なりの自分の取扱説明書を作っては、都度アップデートし、 コントロール出来るようになると、いっそう自分の事が好きになれると思います。 兆しを感じながらも頑張らざるを得ない状況の人もいるとおもいますが、 この取扱説明書を「時間を賭けて完成させていく」感覚で作り始めては いかがでしょうか。

 

☆今日の探求☆ 自分の取扱説明書はありますか?