貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

自己との対話

KQ116_350A

人間は一日に5万回以上の思考をすると言われています。 そして思考は言葉で行われるもの。 ここでいう思考とは「自分との対話」とか「質問」です。

自分が普段、どのような思考をしているか? (頭のなかでどんな言葉を発しているか) 考えたこと有りますか。

よく「ポジティブな言葉を使おう」といいますが、 これは何も他人に対してだけではない、 むしろ自分の中の言葉だと思います。

「がんばろう!」「やれば出来る!」といった 言葉を発していても、朝起きたときに、 「はぁ今日も仕事だ…」といった思考が巡っていれば、 本当の自分と、作られた自分がドンドン乖離し、 逆にしんどくなっていきます。

そこで10分おきにタイマーをセットし、 その10分間に何を考えたか思い出してみると 自分の思考を観察できます。 特に仕事に集中しているときより、 起きがけや寝る前、なにもせずにぼーっとしている時。

結構自分が「こうありたい」と思っていることとは裏腹な、 ネガティブなことを考えている事も結構あることに 気づきます。

そして、それも自分です。

無理やり修正しようとしなくても、 まずは自分がどんな気持ちなのか。 自分を理解することさえできなければ、 他人の気持ちなど分かるはずは無いと思います。

自己との対話とはこういうことなのではないのでしょうか?

☆今日のクエスト☆ いま、この記事を読んで、何を考えていましたか?? (笑)

今日も、一日一つだけ、 一番大切なことに取り組んでいきたいと思います。