貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

視点を変えるには?

「違う視点を持てるか」を最近 特に意識しております。

例えばお客様から依頼を受けて、 めんどくさいなぁなんて思う人はいないと思いますが、 どこかで「仕方なしに」やってる人がいたとします。

そんな人に 「もし自分の子供が、仕方なしに勉強してたら、 その子の未来どうなると思う?」

なんて質問をすると、 すぐさま視点が変わるような気がします。

お客様の厳しい声が、先生の声となり、 そして日々の勉強を大切にした方がいいよ、 なんて言うのじゃないでしょうか? 先生の教えをは大切にした方がいいよとか。

人それぞれでしょうが、 自分の視点だけで物事を考えるより、 二人称、三人称で考えると、 物事の広さが変わっていくと思います。

事実をどう捉えるか。 この大前提が人生の豊かさを決めている、 これはあらゆる本や講演で言われていること。

そのフレーム(視点)を考えるとき、 少し幅をもたせると、お客様の声や先生の声も、 とても有り難いものと受け止められる? なのかな、なんて思います。

もちろん、自分の学生時代は そんなことはなく、100%自分視点でした笑

ですから、大事なことは、 「もし○○だったら」と自問自答する 習慣が視野を広げる気がします。

☆今日のクエスト☆ もし○○さんだったら、こうするだろな!と考えてみる。

写真は昨日泊まったホテルに飾ってありました。 たくさん受賞されていましたが、 トリップアドバイザーが一番目立つ! 今、集客に有用視されているようですね。