貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

読書が先か?行動が先か?

佐藤一斎さんの言志四録に

学を為なす。故ゆえに書を読む。

ということが書かれています。 なかなか意味深いのですが、 「本を読むことが目的ではない、 学とは行動することで、行動をより良い物にする、 補うために本を読む」

と解釈しております。

ある時期、読書を習慣づけしたい、 多読、乱読が血肉に成る、ということを 信じておりました。しかし、 最近は忙しいと読めないぞこのやろう。 つまり、読書をできるのは、ゆとりがあるのか、 もしくは、時間管理の達人なんだろう。と 不貞腐れております。笑

と、今は言い訳しつつ、年末年始に読みたい本は まさに山積み。

今まで、「読まなくちゃ」って感もありましたが、 読みたい!そう思える読書スタイルに戻りつつあります。

戻りつつ、というのは、25歳位に会社を一旦やめて、 朝から晩まで本漬けだったとき、本がこんなに面白いものだと、 初めて知った時です。

当時はブックオフで100円の本を漁っておりましたが、 五木寛之さんとか、司馬遼太郎さんとか。 今思えば、私にとって宝物の様な時期でした。

それから、読書をすることが目的になった時期、 ビジネス書、とくに、外国の翻訳された書籍(つまりコトラーとかドラッカーとか)を 読んでた時期もありますが、 自分の今の考え方を築いているのは、 「読みたい!」と思って読んでいた頃の本たち のような気がします。 「龍馬だったらどう考えるだろう?」とか、ね。

目的と手段は別物。 やりたい事が見つからない時に、本を読んで 偉くなったような気がして、知ったかぶるのも、よくわかります。 そして、その勘違いが今の自分を築いているので、 つまり「人生に無駄なことなどひとつもない」 そんな境地に至っております笑。

読書が先か、行動が先か。 冒頭の言志四録の名言を侮辱するようですが、 「常に藻掻け、足掻け」の結果が、 いつも道を拓いていく、そんな気がしております。

☆今日のクエスト☆ 積ん読の中から、本当に今読みたい本を見極める!あとは処分!