貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

読書法

7cec735a5b672b9d77554d27fd7e2a5e_m

読書法の研究をすると

・目的を持って読む ・アウトプットを前提に読む ・隅から隅まで読む必要がない ・数回早く読む ・眼球の筋トレで見える範囲を拡げる…

色んな方法があります。

しかし最近思うのは、 早く読めるようになる=自分の中のプレ知識が増えたから。 過去の記憶と符号、覚醒させていることも多いのでは? そう言ってしまえば少し乱暴かも知れませんが…。

アラビア語やロシア語の本は読めないし…。 たとえ語学力があったとしても、 地方の文化の知らない単語が出てくる 書物は読めない気がする。

もしかすると、このレベルで考えている時点で、 速読の域にまでたどり着いてないんでしょう…。

しかし、まだまだと思う反面、 色な勉強をしているせいか、 速度アップは実感しております。

ついつい読み込んでしまい、 気づいたら時間が経ってたってことも有りますが… どの速読法でも、続けることが大切だと思います。

価値ある書籍を、年間150冊は読みたいものです。

☆クエスト☆ 記憶に残っている本ってなぜ?どの部分がどんなイメージで残ってますか??