貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

陽転思考 @0035

昨日は大阪で開催されたアクティブ・ブレイン夢フォーラムへ 行ってきました。岡山を発つ時には雨が降っていましたが、 会場がある大阪本町まで、ほとんど濡れることなく辿り着ける って便利ですね。

聴くたびに違う気付きが得られる小田先生の陽転思考の話に、 今回も大きく頷かされてきました。 例えば「コップに半分の水がある」これは事実ですよね。 それを「A:まだ半分もある」と思うのか、「B:もう半分しか無い」と思うのか、 どちらの部分に目が行く傾向があるか、その「捉え方=思考」は自分自身が決めている、 というものです。

cop

私達は物事を過去の経験をもとに考えようとします。 その過去の経験を、自分にとって「残念」なことと捉えていれば、 それに関係することの、「悪い面」を見る傾向があります。

中谷さんは、悪い事、面倒臭いことには、最後は一発逆転する「ストーリー」を 勝手に仕立てて(妄想して)ワクワクするそうです。 講演中の話で、中学校時代、自分をよく叱る先生がいたそうですが、 「実は自分はどこかの王子で、この先生はお目付役なんだ、だから最後、 自分の正体が王子だとわかった瞬間平伏すのだろうな」という 大爆笑ストーリーを語ってくださいました。(笑)

この陽転思考を身につけるには

・他人と比べない ・マイナスの言葉を使わない ・瞬間瞬間をとことん楽しむ

などの考え方をベースに習慣づけしていくのですが、 それを分かりやすく教えてくれるのが、私にはアクティブ・ブレイン・セミナーでした。

そして「夢」というのは、「何十年も願って願って叶えるもの」だけでなく、 目の前のちょっとした出来事に「感動した瞬間」叶ったとも言えるということです。 だから「絶対こうしなくてはいけない」というガチガチの目標思考を少し緩め、 目の前のことをもっと大切に、瞬間瞬間の良い面を捉えていきたい、そう強く感じました。

世の中には事実しかない、 つまり世の中を決めているのは自分自身の思考ですね。

☆今日の探求☆ どんな世界を見ていますか??