貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

頭の働きが「最高に良くなる」本

脳神経外科医の築山節さんの本。 一時間でさらっと読める文庫本です。

脳の特性を知って、上手に脳を利用しよう、という内容です。 食事・時間・睡眠・運動・生活リズム…

例えば、一日のうち最も集中できる時は 午前、午後、それ以降の一日3回程度と言われています。

そして、効率のいい仕事の組み立て方は やり慣れている簡単なことで作業興奮を起こし、 脳が慣れてきたら、一日のうち最も重要な仕事に午前の10~11時頃とりかかる、 というもの。

確かにやる気が起きない朝も、ルーティングとしている 作業をすると、自然とスイッチが入っているものです。

午前は書類やデスクワーク、 午後は人にあうなどの仕事が良いのは何となくわかります。

そして、読書では 音読をすることは効果があると言われています。 そして、覚えたことを人に話す、ブログに書くなど、 アウトプットを前提としておくと、 定着率が高いのは、どの本でも言われていますね。

そしてこの本では「身体を動かす」事が、 脳の働きにはとても大切だとのこと。 ガッツリとしたスポーツをしよう!ということではなく、 50分集中したら10分歩く。この簡単にできることを 意識的にすることが大切なのだとか。 カントは毎日超規則正しく散歩をしていたようですね。 それを見て人は時計を直したとさえ言われています。

仕事でも結果を出す人は、自然と脳のメカニズムに適した生活を しているのかもしれません。 そしてそのほとんどが「規則正しく」系のこと。

やはり人生で大切なことは、全て小学校までで 習ってるものですね…。笑

☆クエスト☆ いま一番取り入れたい「良い」習慣はなんですか??