貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

終わりの時間を決める

終わりの時間を決める。 先日読んだ株式会社武蔵野の社長、小山昇さんが書かれた 「絶対に会社を潰さない 社長の時間術 」で気づいた大きなことの一つ。

会議の時間など始まりの時間を決めることがあっても、 終わりの時間を決めて、それをしっかり守ること、できてない事もあります。

例えば日々のタスクも、開始時間は決めても、終わりの時間を決めていない、決められない。 であるならば、決められる(計測可能な)量に細分化して、 しっかり時間内で終えていくこと。

目標の建て方は「SMART」にそって。

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨ Specific(具体的に) Simple(簡素に)

Measurable(測定可能な) Meaningful to you(あなたにとって意義のある)

As if now(今すぐにでも) Achievable(達成可能な)、 All areas of yourlife(あなたの人生のあらゆる場面で)

Realistic(現実的に) Responsible/Ecological(責任を持って/工コロジカル)

Timed(時間に制限がある) Toward what you want(欲しいものを追求して) ¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

よく考えてみたら、この世のものには、 2つの面があって完結するのでしょう。 光と影や、生と死など。 終わりがあるから始まりがある。 その様に考えると、ダラダラすることがなくなり、 集中力が増すのかもしれません。

☆クエスト☆ 終わりの時間を意識して仕事量を決めていますか??