貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

PDCAとは?

TED観に行きたいなぁ―。 4月に抽選が有るようなのですが、 TED✕TOKYOツイッターFacebookを フォローしても、まだ2015年の情報がない。 もうしばらく待てということでしょうか。 Webではなく、リアルで見に行きたいなぁ。

さてさて。 4月は、昨年から取り組んできた、 新しいこと、色々なことを世に出せる時期。 今までの行動や施策、選択の結果を見る PDCAでいうと「Check」の時期でもあります。

PDCAって当たり前のような標語になってしまっている 感がありますが、とっても深い言葉?だと思っております。

まずPlan。 何をもって計画とするのか。 数字を掲げるには根拠がいるし、 絵空事レベルではそれこそDOで空中分解必至。

そして、このPLANに全てがかかっているともいえます。 このプランに基づいて選択したり施策した結果が、 生み出されるわけですから、全てのタネはここに ありますね。

次にDo。 プランで担当を割り振りしたら、 「まずはやってみる」。ここでは、 仮説の精度にはこだわらない。私がもっとも好きなセクション(爆)

そしてCheck。 これが大事ですね。仮説と現実の差が見えるところ。 その差を分解して次のアクションにつなげます。

Action。 仮説と結果の差を埋めるために、新たな計画を建てます。 ブラッシュアップですね。

この4月、5月は個人的にとても楽しみにしていた時期。 きっとこれから5年くらいの足場を固まるに相応しい 変化をもたらしてくれると思っております。 謙虚に、真摯に、そして丁寧に。 引き続きPDCAを回していきたいと思います。

あ、ある勉強会の講師は、PLANのPじゃなく、 パクリのPもありって言っていました。

★今日のクエスト★ PDCAを自分自身で考えてみる。