貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

WhyとHow #0047

昨晩は、京都から200kmの距離を「自転車で」 来てくれた友人と過ごしました。

国民教育の父と言われた森信三さんが遺した、こんな言葉があります。 「人生、出会うべき人には必ず出会う。 しかも、一瞬遅からず、早からず…」

そしてこの言葉には、こんな続きがあります。 「…しかし、内に求める心なくば、 眼前にその人ありといえども縁は生じず。」

と。

私にとって、まさにそのような出会いとなりました。 そして僅かな時間でしたが、かけがえのない時間をいただきました。 彼は心理士、心のスペシャリストでありますから、 私が乾いた心で求めている、抱えている問題を感じ取ってくれたんだと思います。 そしてこんな話をしてくれました。

「人間は質問に応えようとする性質がある事は知っているよね。」 「でも、ネガティブなことにも答えようとする厄介な面もあるんだよ」 と。 例えば「どうして俺はグズグズするのだろう?」 「どうして人に優しく出来ないんだろう?」という 質問を頭のなかで繰り返してた場合、自分が「できない証拠」を集めるんですね。 そうすると、「出来ない陰の面」にフォーカスし、自己重要感が薄れる、と。 そのポイントとして、彼いわく「ネガティブなことにWhy?なぜ?という質問をしない。 質問するならHOWにしよう」というものです。

例えばグズグズしていることにHOWの質問を投げかけるのであれば、 「どうやってグズグズしなくて済むだろう?」という質問に変わるし、 なぜ人に優しく出来ないんだろう?という問は、 「どうすれば人に優しく出来るんだろう?」に変わりますね。

なるほど、と思いましたね。

人間は一日5~6万回近い思考をしていると言われています。 であるとすれば、その無意識でやっている質問パターンを意識的にみつめ、 「Why」から「HOW」に変えていく、そして「陽」の面を見ていくことは 大切だな、と思いました。陽転思考ですね。 そして、恐怖に打ち勝つ準備と心構えがあれば 「Why」を問いまくるのも有り、とも教えてくれました。

こんな気付きを日常生活で与えてくれる友人に感謝です(^^)

今日から6月ですね! 夏の商戦の準備をしたり、しっとりと雨を楽しんでみるのもいいかもしれません。

自分の置かれた場所に感謝です!

☆今日の探求☆ 自分の思考方法を考えてみたことがありますか??